その「こだわり」は、美学!!【自閉症支援の現場から】

支援力をつける人財★

今回は、こだわり行動について考えていきます。

あなたも、いろんなことに拘るわよね。

だから、「こだわり」は美学なのです!

スポンサーリンク

譲れないもの=こだわり

 我々には、その「こだわり」の意味がわかりにくこと、そしてものによっては些細だと思われること。「どうでもいいのでは?」と思いつつ、本人が避けては通れないこと。または、行わなければならないとしていること。それらはすべて、譲れないもの!こちら側の物差しで、その価値を決めてはならないのだと思います。

スポンサーリンク

過度なこだわりはどう対応するのか?

 とはいっても、「今は困る!」というこだわり行動も多々あるかと思います。例えば、扉の開け閉め…家では困らないけど、外出先だと困ってしまう。そんなこともあるかと思います。

スポンサーリンク

適度なイレギュラーを設けていく

 そんなときは、常日頃から適度なイレギュラーを設けていくと効果的だと思います。「やらなければならない」から、「やることができる」へのスイッチ。本人に合わせた、肩の力を抜くことができるような環境整備。つまり、美学をもっとも生かすことができる場所を見つけていく。そんな視点はいかがでしょうか。

スポンサーリンク

こだわりに拘ると?

 支援者側が、その本人のこだわりに必要以上に拘ってしまうこともあります。そうすると、それは美学のこだわりではなく、強迫的なものになってしまうことも想像されます。そうなる前に、関わっていく支援者側もいろんなイレギュラーを認めていかなければならないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

 必ずやらなければならないこと、譲れないことはこだわりであることは間違いありません。そして、それは美学とも言えることで、可能な限り尊重したいと思うわけです。しかし、たまのイレギュラーが、そのこだわりをもっと輝かせる要素にもなると考えています。何事もバランスですね。

あなたは、文章で「拘り」と「こだわり」を使い分けてるのかしら?

よくお気づきで!それが私の美学です!

支援力をつける人財★
ケニー

障害福祉の支援現場で働いています。
療育、生活支援、余暇支援など直接支援や相談支援専門員など現場職員を積み、現在は施設管理者をやっています。その過程で2校の通信専門学校へ通い、福祉の資格取得もしてきました。仕事と家庭生活の両立を目指し、3児の父親でもあります。

また、3つの福祉事業の法人立ち上げの経験から、福祉職としての働き方や組織作りにも積極的に取り組んでいます。

ブログでは、資格取得の道のりや勉強のノウハウ、そして福祉職として働いていくためのマインドを発信しています!
勉強のちょっとした小技や役に立つこと、その他実際に私が体験したことなどをお伝えしていきます。

★ケニーをフォロー★
★記事をシェアしてみよう★
★ケニーをフォロー★
福祉の人材を「人財」にするブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました