障害児・者が他者を意識すること ~個から集団へ~

スポンサーリンク
支援力をつける人財★

はじめに

 生活介護や就労系、または放課後等デイサービスや児童発達支援などの日中支援において、『集団での活動』を取り入れることがあります。

 また、各利用者の個別支援計画で『他者を意識できるようになる』や『集団の活動に入ることができる』などを定めることがあります。

 さて、その成果はいかがでしょうか。思ったような成果が出なかったり、アプローチに行き詰ってしまったりしていませんか。

 今回は、個になりやすい障害児・者の特性を十分に意識しつつ、他者を意識することができる『最初の一歩』を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

『他者を意識していない』は本当か?

 これは、間違いなのではないかと思います。障害を持った方、特に自閉的な傾向がある方は、確かに他者の気持ちを読み取ることは難しい場合があります。

 そして、一人での活動を好む方も多くおられ、我々は知らず知らず『一人が好きなんだ』と解釈してしまいがちです。

 しかし、他者に無関心だったり、意識していないということはないと私は思います。意識はしているものの、その表現方法がわからなかったり関わるチャンスがないだけなのではないかと思っています。

 職員による『一人が好きなんだろう』という評価も、拍車をかけているかもしれません。もちろん、無理やりに集団での活動を導入することも違和感はありますが、自然な形で他者を意識することができると、もっともっとその利用者の可能性が上がると思うのです。

 そのようなわけで、ここでは『一見、他者に関して無関心、または意識していないと思われる利用者であったとしても、必ずしもそうだとは言えないのではないか』と仮定して進めていきます。

 仮に、本当に無関心、または意識していない利用者がおられたとしても、以下に述べる活動や対応は効果的なのではないかと思います。

スポンサーリンク

他者と意識を共有するためには

 施設でできることとして、その第一歩を私の経験からご説明します。

 いわゆる他者と協力しての集団活動などは、その先にあるものとして考えます。『他者と意識を共有するために』なんて大げさに書いていますが、することはただ一つ、『お手伝い』です。

 お手伝いであれば、現在進行形で施設でも行っているかもしれません。恐らくは、テーブルを拭いたりモノを運んだりすることが得意な利用者が、職員の声掛けで行うそれだと想像します。

 それも立派な活動ですが、その段階ではただのお手伝いです。ここにほんの少し、工夫をします。その工夫とは、他者と協力する経験です。

 例えば、『食事のためのテープル拭き』であれば、職員がテーブルにアルコールスプレーをして、利用者がそれを拭くなどです。または、職員がコップにお茶を注いで、利用者がそれを配膳するなどです。何かを一緒に運ぶことも、いい経験になりそうです。

 ひょっとしたら、それもすでに行っているかもしれませんね。しかし、その過程を一緒に、お互いの行動を意識しながらやってみるとどうでしょう。連携無くしては、そのお手伝いは成立しないものとなります。

 ここが他者を意識するポイントです。

 共同注意という言葉を聞いたことがありますでしょうか。共同注意とは、他者と同じものを見ることです。そう、赤ちゃんが、親の指さした方向を見ることです。

 この共同注意が成立すると、次は三項関係というものが成立します。三項関係とは、他者―自分―モノ(目標・目的)が同時に存在することです。共同注意は二者でのやりとりですが、三項関係になると三者になります。

 さてさて、そんなことを意識してやってみると、普段のお手伝いも意味のあるものになってきそうです。
 
 その際に、職員側から『ありがとう』と自分の気持ちを伝えることも大事です。それは、具体的な方がいいかもしれません。『○○さんが○○をやってくれたから、すごく嬉しいな』だとより伝わりやすいでしょうか。各利用者に合わせた声掛けを考えたいところです。

 このように、他者との協力関係を構築することで、その関係を理解するようになると考えます。ただのお手伝いも、誰かがいないと成立しません。そのことを知ると、知らず知らずのうちに他者への意識が芽生える(よりわかりやすく表現できる)のではないでしょうか。

スポンサーリンク

事例

 一つだけ、簡単な事例を挙げます。

 他者に無関心だと思われるAくん、わが道を行くという感じでした。もう少し、他の人の気持ちも理解出来たら…と保護者の意見もあり、上記の他者と協力するお手伝いを取り入れました。

 その際には、最初は職員がお手伝いのパートナーになり、その職員は努めて自分の気持ちを伝えるようにしました。次に、お手伝いのパートナーを他の利用者さんにお願いしたりもしました。

 その行動が習慣化したころ、驚くことが起こりました。

 ある利用者さんが落としたハンカチを、Aくんが拾ってその利用者さんに渡したのです。

 これにはみんなビックリしました。これは、ハンカチを落とした利用者さんと、そのハンカチの関係性を理解して、尚且つ『ちゃんとその人の元に戻す』という複雑な過程が現れています。

 これは、大きな一歩です。保護者も、職員も、すごく嬉しい気持ちになりました。

 年齢的にも、本人の発達段階としても、すごくいい成果が出た事例でした。

スポンサーリンク

まとめ

 他者を意識すること、これはなかなか難しいものです。私たちだって難しいかもしれません。集団での活動を積極的に取り入れることも大事ですが、まずは他の誰かと協力して、信頼関係を積むこと…それが、最初の一歩になると思います。

 そのために、日々の日中活動の中でできるお手伝いなど、いかがでしょうか。

支援力をつける人財★
ケニー

福祉事業所にて、療育、生活支援、余暇支援など直接支援や、相談支援専門員など相談職の経験を積み、現在も福祉に携わっています。その過程で2校の通信専門学校へ通い、福祉の資格取得もしてきました。仕事と家庭生活の両立を目指しています。

また、複数の法人立ち上げの経験から、福祉職としての働き方や組織作りにも積極的に取り組んでいます。

ブログでは、資格取得の道のりや勉強のノウハウ、そして福祉職として働いていくためのマインドを発信しています!
勉強のちょっとした小技や役に立つこと、その他実際に私が体験したことなどをお伝えしていきます。

★ケニーをフォロー★
★記事をシェアしてみよう★
★ケニーをフォロー★
福祉の人材を「人財」にするブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました